Pocket

さて、今回も始まりました!

 

ワタクシ森本の記事っす!

 

そういえば、今年の1月に草津温泉にいってきました(唐突www)

 

私の仲間と色々と草津たるや土地を堪能してきました!

 

いや~、ホント楽しかったです!

 

はい!

 

中でも、1番の思い出に残っている事は、雪の上に寝っ転がって写真撮影して貰った記憶ですね。

 

非常に寒かったですw

 

うん、そんな事が思い出されます(他に思い出無いんかい( ;´Д`)/ビシッ!)

 

いや、他にも色々とありましたよ~w

 

これはおいおいキチンとした記事として書いていこうと思います!

 

さぁ、サササっと書いていきますよ~(∩´∀`)∩

 

アドセンスブログのキーワード選定!

 

今回は、アドセンスブログのキーワード選定についてちと語っていきたいと思います!

 

アドセンスブログの手法をやりながら収益を上げていくには、まずあなたの書いた記事にアクセスを呼び込まなければいけません。

 

沢山の方に有益な情報を配って行く事が大前提ではあるのですが、このネット上ではどうしてもキーワードたるや物が存在します。

 

そのキーワードを追いながら数々の検索者があなたの記事へとたどり着くのです。

 

そうなんです。

 

つまりは、その検索する方々があなたのブログにたどり着いて貰わなければ、

 

どんなにいい記事を書いたって読んでもらえるチャンスすらなくなってしまう可能性が非常に高いのです!

 

なので、キーワード選定が非常に重要になってきます。

 

キーワードをずらしてアクセスを呼び込む方法!

 

キーワードをずらしてアクセスを呼び込む術!

 

それはこんな感じです。

 

コツは、ライバルと被らないタイトルであり、更には検索者が気になるニュースの展開の次をイメージさせるタイトル付けです!

 

これは書いていけば徐々に掴めて来る感覚で有ります。

 

未来予想です。

 

これは一例ではありますが、昨年のニュースで、こんな感じなのがありました。

 

ニュースの例

 

「TBSの吉田明世(よしだ あきよ)アナが10月29日生放送中の「サンデー・ジャポン」でろれつが回らなくなった。

それで、爆笑問題の田中に支えられながら、体調不良を訴えた後、退席した。」

 

こんなニュースが有りました!

 

ここで注目するべきポイントを解説していきます。

 

大きく上げられるポイントとしては、

 

吉田明世アナ体調不良の原因は?

 

ろれつが回らないのは何故?

 

何かの病気なのか?

 

などです。

 

この番組を見た方から始まり、ネット上で一気に話題となりました。

 

検索需要がかなりの勢いで伸びていました。

 

私もこの時の事を記事にしました。

 

この展開での検索者が欲する情報として何種類かあると思います。

 

が、今回は記事タイトルに絞り解説します。

 

キーワード

 

「吉田明世アナ 番組途中退席」

 

この様なキーワードがYahooのリアルタイムや急上昇ワード。ツイッターサイトにて話題になっていました。

 

ですが、これは既に分かっている事で、検索者の興味をさほど惹く様な内容ではありません。

 

なので、この先の展開を読む上で重要になってくるポイントとしては、途中退席した理由です。

 

個人的な感想と、ネット上のコメントなどの反応を見ながら考えた結果、私はタイトルにこんな内容を追加しました!

 

脳梗塞か?

 

妊娠中か?

 

などです。

 

このキーワードをタイトルを入れた事も良かったのか、結果的にこの記事で1万PVを集める事に成功しました。

 

これはあくまで一例ですが、検索者の欲する情報として興味を持ってもらえたからこその結果であると思います。

 

検索者に需要があるニュース+無条件で見たくなる未来予想や考察=記事を読んで貰える。

 

ライバルと被らないタイトル選定。

 

ライバルが書いてない未来予想や考察。

 

かんたんに説明すると、こんな所が重要だと思います。

 

キーワードをずらせばネタもずれる。

 

未来予想や考察はうまく書ければ興味を持っていただける。

 

ずらせばアクセスがアップする事があるというのは事実です。

 

最後に、参考になるサイトを少し紹介しておきます。

 

速報系記事作成に使えるサイト!

 

速報系は、スピードが重要なジャンルであります。

 

ネタは生モノ。

 

鮮度が命!

 

(魚を扱っている感じに似てるかもしれません(笑))

 

検索需要の大きさと、ネタの鮮度と時間軸の関係性。

 

この部分を理解すれば、大きな爆発を呼び込むことが可能です。

 

大手サイト情報・twitter系情報・雑誌系情報。

 

大きくはこのようなサイトからのネタの仕入れが可能です。

 

大手サイト情報

 

Yahoo!検索窓(リアルタイム)

http://search.yahoo.co.jp/realtime

 

速報系2NN

http://www.2nn.jp/

 

速報系livedoor

http://www.livedoor.com/

 

cotoha

http://cotoha.com/

 

Ritlweb

http://mysearch.ritlweb.com/

 

産経ニュース

http://www.sankei.com/

 

などです。

 

これは、先程も説明したんですが、ネタの鮮度と時間軸の関係性。

 

需要の大きさと未来予想とタイトル付け。

 

この辺りを意識して行けば。アクセスを集める事が出来ると思います。

 

Twitterサイト情報

 

twitter系は情報が早いです。

 

リアルタイムでの話題が入って来ます。

 

うまく読む事が出来れば、全くライバルがいないキーワードも見つける事ができます。

 

Togetterまとめ

http://togetter.com/

 

buzztter

http://buzztter.com/#/ja

 

ついっぷる

https://tr.twipple.jp/

 

雑誌系情報サイト

 

雑誌のWEB版といった感じのサイトです。

 

雑誌系はお勧めできるジャンルです。

 

雑誌は自分でお店で買ってきて読むのも良いですよ。

 

話題になりそうな事を先に記事にしておく事は非常に効果的です。

 

週刊文春WEB

http://shukan.bunshun.jp/

 

FRIDAYデジタル

http://friday.kodansha.ne.jp/

 

女性自身

http://jisin.jp/

 

まだまだ参考にできるサイトはたくさんあります。

 

これからも記事更新しながら有益な情報をお届けしてまいります。

 

では、今回はこの辺で失礼します。

 

本日の放送室